HOME > 女性のからだのこと > ツライ症状の再発を防ぐためには

ツライ症状の再発を防ぐためには

お身体の状態が改善されても、またツライ症状が再発するのは嫌なものです。

お車にもメンテナンスが必要です、もちろん 大切なあなたのカラダにも必要なんですよ。

お車のバッテリーに例えると・・・

お車を運転される方なら 経験があるかもしれません。

知らず知らずのうちに弱ってきている(気がつかない?)
なんかエンジンのかかりが悪い(もしかして弱ってる?)
あれれ? ヤバいかも?(明らかに不調だ)
ウンともスンとも言わなくなった(これは大変です)

早めに点検して対策を考えることも必要ですし、ダメになって対策すれば… など考え方は人それぞれです。 

バッテリー(部品等)は最悪交換すれば良くなると思いますが…

人のカラダはそうはいきません!

ツライ症状の再発を防ぐために・・・

整体院 えがお快福倶楽部では、からだのメンテナンスの重要性をこのように考えております。  年代別にまとめてみました。

20代~35歳までの女性の方へ

まだお若いので定期的に通院する必要を感じなければ『あなたが自宅で1円もお金をかけずできるセルフ整体法』をご紹介します。
もちろん、しっかりと面倒を見て頂きたい方は メンテナンスさせていただきます。

35歳以上で働いている女性の方へ 

若い時は寝れば治っていたのでよかったけれど…
35歳を過ぎたあたりから少しずつ体力が落ちてくるのって?
誰に言われなくても 実感されていると思います。  認めたくはないですケド …

それは、女性ホルモンの減少により起こることなので、上手に対応をするしかありません。
   
専業主婦の方は、疲れたら休めばいいのですが、外で働いている方は疲れたからといって横になって寝るわけにはいきません。

実は、女性は男性と違って小刻みに休みながら使うように身体が出来ています。

だから、休まずに男性と同じように長時間働くとどうしても無理がくる。

その上に帰宅すると掃除・洗濯・食事の世話と家事が待っている…
子育てが待っている…

女性は1日中 365日 働きつづけるわけだから、どうやって疲れを抜いて頑張るかを工夫しなくてはいけないんです。

その工夫を怠り、がむしゃらに働いても、自分に痛みや苦痛が訪れたら…

会社も まわりの誰も 助けてはくれません。

会社に貢献したのに、痛みは自分持ちということになってしまいます。

それはちょっと悔しいですよね。

それならば! 自分でできる範囲で、温泉に行ったり、ジムに通ったり、定期的に整体を受けたりして、自分に合う健康法を見つけた者勝ちですよね。

今は定年まで働くのが普通なので、更年期をいかに乗り切るかがすごく大事です。

一部では 病気ではないと言われているようですが、更年期はみんなに訪れるものなのです。

その時 カラダの内部では…
ホルモンの変化に対応するために相当頑張っている状態。
内部の変化に対応するだけでも大変ですから、せめて外枠の骨格だけでも良い状態にしておくと、カラダに優しいですよね。 

あなたの目安は…
□ 起床時疲れがとれていないとき 
□ 自分なりの目安を聞いてみる
□ お仕事がキツイなら3週間に1度がベスト
□ 農家の方など、季節により違う方は繁忙期は詰めた方が安心です
□ 旅行に不安がある方は、旅行前・旅行後に施術すると安心です

※ 目安がわからない場合はしっかりとアドバイスさせていただきます。

35歳以上の専業主婦の方へ 

専業主婦は楽していいと思われているけれど…?
決してそんなことないですよね。

男性のように、仕事は大変でも1日のリズムがあったほうが すごく楽だと思うことはないですか?

専業主婦でいると、自分は『今日これをしたい』と予定を立てていても、朝突然『郵便局と銀行に行ってきてくれ』『これ買ってきてくれ』など…
言われるとそうするしかありませんよね。

リズムのない大変さって本当にツライですし、ストレスで爆発しそう…

なのに、一生懸命やってきたことを 旦那さん が 全く気がついてくれなかったり
すると ムカっ!とすることはないですか?

『ありがとう』とか『よく頑張ったね』って、ねぎらってもらえたり
褒められたり、感謝されたりすると ヨシっ! 頑張るぞ! と思うのに…
そういう言葉が全くないと やる気なくしますよね。 

『気がつけ! ばか野郎!・・・』 そう思ってませんか?(笑)

男性はお給料で、あなたはこのくらいの価値があると評価されているから、別に誰かに認めてもらったり褒めてもらえなくてもいいけれど、専業主婦はお金で評価されているわけではないので、家族の誰かが認めてくれなかったり…

褒めてくれなかったらやってられないですよね。

一生懸命 家族のために頑張っているのに、その頑張っている自分の具合が悪くなったら 割に合いません。

具合が悪くなっても 旦那さんが助けてくれるわけではないし…

だから、たまには自分へのご褒美ということで、ちゃんとメンテナンスした方が
いいですよ。     

元気でいた者勝ちですよね。

目安としては…

ストレスが溜まったら!
※ ご自分のペースで良いのでご予約しておくと 頑張りが効きますよ!

50歳以上の働いている女性の方へ 

あなたは…
□ 定年まで働きたいと思いますか?
□ 更年期はこれからですか?
□ 更年期は上手に乗り切れましたか? 
□ お子さまが学校を卒業するまで頑張れそうですか?
  
女性は定年になってからも家事から解放されるわけではないので、ガクっ!と来るわけにはいきません。

実は…  
更年期で女性ホルモンが減ると、靭帯の力が弱くなってきます。
 
関節をサポーターのように守っている靭帯ですが、女性ホルモンが減ってきてその靭帯の力が弱くなると、ヒザ・肩・腰・手首など あちこちと痛いところが出てきます。

それはホルモンの作用なので食事などでコントロールできない部分で どうすることもできませんから、いかに無理せず上手に使うか、細く長く元気でいることを考えたほうが得ではないでしょうか。

なんとか定年まで元気に働けるように、定期的にメンテナンスにいらっしゃるといいと思います。

そのペースは、みなさん違うのでご自分で見つけてくださいね。

多くの場合 お仕事をしながらだと だいたい3週間に1度のペースだと楽に過ごせるようです。
※ 1ヶ月に1回の方もいますが、最後の1週間がツライという方が結構多いです。

ペースは、ご自分のお仕事の忙しさに合わせご自分で色々と調整してみて下さい。
※ 1年前より少し体力が落ちていると自覚できる時は、2週間に1回でもいいですよ。

50歳以上の専業主婦の方へ 

あなたは…
 □ 孫はかわいいから面倒は見れるけど体力的には大変
 □ ご主人さんが定年でお家にいると、3食お世話するのは大変
 □ お嫁さんとおばあさんの間に挟まれて気が休まる時がない

女性のお仕事って『これで終わり』ってことがないので…
どこかで ホっと 一息つく時間が必要です。

実際に継続してお身体を手入れしていた人と何もしてない人では、70歳を過ぎると見た目も健康具合も圧倒的に差がつきます。

最悪 具合が悪くなっても施術したときの良くなり方が全然違います。

できれば ずっと元気で、自分のことは自分でできる状態で過ごしたいと思いませんか? 長い目で見れば、それが子ども孝行にも繫がりますよね。

目安としては・・・
□ お孫さんがいない時間帯でストレスが溜まったら…
□ ご主人さんがいない時間帯でストレスが溜まったら…
※ 定期的に予約しておいて、ストレスを溜めこまない方法もアリです。

えがお快福倶楽部では・・・

メンテナンス施術でも しっかりとカウンセリングさせていただき、 その後 ひとつずつカラダの状態を確認していきます。  
※ いきなり骨盤矯正や施術をすることはないのでご安心ください。

このページをみて…
そう! そう!! ある! ある!! そうなのよ!  思い当たることがありましたら、遠慮なくうちで発散してイッテくださいね。(笑)

また メンテナンスでも要になるのが、脳脊髄液 の流れがとても大事になりますので、硬膜調整を含めしっかりとチェックをおこなっています。

色々と試したが 効果を実感できなかった方は、一度ご相談下さい。

実は…
来院される 8割以上の方が メンテナンスの重要性に気がついていません。 

悪化してから治療院通いするのは とても大変です。

お肌のお手入れ 同様 日々の積み重ねが大事でなないでしょうか?

うちでよかったらいつでも頼ってくださいね。

えがおの整体では、頭痛・肩こり・女性特有のツライ症状など 慢性化した症状改善に多くの実績があります。
一部ですが 公開していますのでご安心ください。
(地域No1の掲載数)
口コミ の 声 は コチラ

お問い合わせは・・・

お電話・お問合せフォーム から。

『ホームページを見たのですが…』とお伝えください。

完全予約制とさせていただいています、あなたのご都合のご都合のよい日時をお知らせください。
※ 無料相談もございますので お気軽にお問合せ下さい、お持ちしております。

電話をかける

ご予約をご希望の方は、『ホームページを見ました。予約をしたいのですが…』

とおっしゃってください。

受けたいコースと希望日をお話ください。

日時を調整しご予約を取らせて頂きます。

その際、あなたのフルネームと連絡の取れるお電話番号もお伺いしますのでお教えください。

★お電話番号をお聞きするのは、緊急時等ご予約の変更をお願いすることがあるためです。ご了承ください。

▲ページトップに戻る