HOME > その他の症状 > 自律神経失調症と間違われやすい症状について・・・

自律神経失調症と間違われやすい症状について・・・

自律神経失調症と間違われやすい病気

自律神経かな?と思っていたら・・・?
実は まったく違う病気だった! ということがあります。

なかには 悪性腫瘍・合併症を伴う糖尿病など深刻な病気の可能性もありますから注意が必要です。

どの症状も、早期発見 で 早期回復につながりますから、自己判断は危険です。

まずは医療機関にて受診されること(セカンドオピニオン含め)をお勧めします。

糖尿病

まわりの方にもいるかと思いますが、この糖尿病とは・・・?

膵臓で生成されるインスリンの分泌量・働きに異常が生じ、血糖値が高くなる病気です。  ※ 遺伝なども言われていますが…

生活習慣の乱れ、ストレスからも発症し、なんとも言えない倦怠感、喉の渇き、頻尿・多尿など、自律神経失調症とよく似た症状が現れます。

この糖尿病の怖いのが、様々な合併症を引き起こす事です。
網膜症・動脈硬化・心筋梗塞・神経障害 など 命にかかわることも少なくないですね。

現在 死因の第一位、二人に一人がなるとも言われている ガン。
カラダ の あらゆる組織や臓器などに発生する悪性腫瘍です。

原因は発がん性物質や遺伝と言われていますが・・・?

ストレス・生活習慣 などが影響していると考えられます。

発生する部位にもよりますが、自律神経失調症と似た症状が現れます。

また不思議なことに 家系が…  と言われる方も多いですね。

脳腫瘍

脳に腫瘍が出来ます。

腫瘍ができる部位にもよりますが、多くの場合 自律神経失調症と似たような、頭痛や吐き気、視力低下、眩暈、耳鳴り、しびれ などが現れます。

鉄欠乏性貧血

血液中の ヘモグロビン に含まれる 鉄 が不足して起こる病気です。

ヘモグロビンとは・・・?
ヘモ(ヘム):鉄 
  グロビン:赤血球内に存在するタンパク質

鉄不足はヘモグロビン量も不足し、ヘモグロビンと結合する酸素量も低下するので、カラダの各組織に酸素が送れなくなり、すなわち 酸欠状態 ・・・
頭痛や立ちくらみ、倦怠感や動悸、息切れ 貧血など、自律神経失調症に似た症状が現れます。

膠原病

関節リウマチ などが、代表例でしょうか?

皮膚や血管、関節などの結合組織に炎症が起こり、様々な ツライ症状が全身に現れます。
疲れやすい・発熱・だるさ・関節の痛み・筋肉痛など 自律神経失調症に似た症状が現れます。

甲状腺機能異常

甲状腺の機能に異常が生じ、甲状腺ホルモンの分泌が不安定になる病気です。

過剰分泌するホルモンの場合、甲状腺機能亢進症、逆にホルモン減少の場合、甲状腺機能低下症と呼ばれます。

動悸・意欲低下・倦怠感・多汗・冷え・しびれ など 更年期障害に似た症状が現れます。

不安障害

息苦しい、胸が痛い など 不安や恐怖により日常生活に支障が出る病気です。

悪化すると、パニック障害やうつ病などを併発する危険性があるので注意が必要です。

鬱(うつ)病

気分が落ち込み、やる気が出ない、集中できない・・・ 心の病と言われています。

頭痛・肩こり・疲労感・動悸・眩暈・胃が痛い・手足がシビレる といった症状が現れます。

また、命に係わる行動に出ることもあるので注意が必要です。

統合失調症

思考・行動に一貫性がなく、幻覚・妄想・幻聴などが現れる精神疾患です。

不眠・疲労感・頭痛・倦怠感・動悸などの症状が現れます。

副腎疲労症候群

腎臓の上にある、ストレスを打ち消すホルモンを分泌している 副腎が疲労してくると、ホルモンが出にくくなることで ストレスに対抗できなくなり、原因不明の 頭痛 や 人の話が聴けない、何もしたくないなど、なんとも言えない疲労感や鬱に似た症状が現れます。

副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)について

更年期障害

誰もが経験すると言われる『更年期障害』 症状の感じ方にも個人差があります。

多汗・イライラ・頭痛に眩暈・・・
他にも 重だるい、疲れやすい、のぼせる、痒い、しびれる、眠れない、不安でたまらない などの症状が現れます。

更年期障害について

えがお快福倶楽部では・・・

上記の病気・症状については、カウンセリングをさせていただいた後、対応させていただくもの、お断りしているものがあります。

全身の骨格矯正だけでは難しいので、内臓調整・頭蓋骨調整・エネルギー調整により 可能性がある場合、対応させていただいています。

多くの場合、充分に呼吸が出来ていないので 全身の骨格矯正が必要です。

その後 頭蓋骨の矯正(硬膜調整含む)をおこなう事で、脳精髄液の循環を良くして 脳にかかる負担を軽減させていきます。
※ 同時に内臓調整も必要になります。

本気で良くなりたいのに・・・
どこに行っても 何をしても 良くならない! そのようにお悩みでしたら、一度ご相談下さい。

電話をかける

ご予約をご希望の方は、『ホームページを見ました。予約をしたいのですが…』

とおっしゃってください。

受けたいコースと希望日をお話ください。

日時を調整しご予約を取らせて頂きます。

その際、あなたのフルネームと連絡の取れるお電話番号もお伺いしますのでお教えください。

★お電話番号をお聞きするのは、緊急時等ご予約の変更をお願いすることがあるためです。ご了承ください。

▲ページトップに戻る