HOME > 肩・腕・手 の症状 > 四十肩・五十肩と言われて 3ヶ月以上 お困りの方へ

四十肩・五十肩と言われて 3ヶ月以上 お困りの方へ

四十肩・五十肩と言われ ご相談を受けることがあります。
kata
ほとんどの方が、長く我慢されている事、何かしら治療を受けているが良くならないと言われます。

なぜでしょうか?

あなたは…

  • 寝ると痛い・夜間痛がひどくなってきた
  • 着替えがツライ
  • シャンプーが大変
  • 洗濯物が干せない
  • 手を着くとキャ!と痛む
  • 常にジカジカと疼く

ツラい状態で頑張っていませんか?

四十・五十肩とは?

四十肩・五十肩とは、肩の痛みで動作が制限される症状です。(病名ではありません)

整形外科等で診断のつかない 肩の痛み・運動障害等の事を、四十肩・五十肩と呼ばれています。
※ 医学的には、肩関節周囲炎になります。

肩関節周辺の 炎症などで痛みが発生して 動作が制限されてしまう症状は同じなのですが、発症年齢の違いで四十・五十とわけられています。

※ 昔は五十肩と呼ばれることが多く、発症の若年齢化に伴い四十肩と呼ばれることが多くなりました。

最近では、20代 30代の方にも 症状がみられる事もあります。

この症状は 40代に多く、 普段の生活の中で ちょっとした動作が引き金になり、急に激しい痛みに襲われ、腕が上がらない、動かしづらいなどの症状が現れます。

例えば…
病院で検査を受け、筋肉や関節や神経などが損傷をうけて、腕が上がらなかったり、肩の痛みがある場合は病名がつけられますが、検査をしても異常なしと言われた場合四十肩・五十肩の肩関節周囲炎と診断されます。

なぜ発症するのか?

日頃から 力仕事や運動をされている方よりも、デスクワーク、長距離運転など、長時間 同じ姿勢で頑張っている方が 肩関節周辺の筋肉を使う事が少ないことの影響もあり 発症する割合が高くなります。

複雑に動く肩関節ですが…
シャンプー や お着替え など 動かせている時は、少し不具合があっても 痛みを我慢して使っている事が多いですね。
※ そしてドンドン悪化していく事が多いです。

左右どちらが…
はじめは、どちらかの肩に 痛み や 不具合 が起こることが多いです。

肩の痛みは、両方同時に痛む事は比較的少ないですが、片側をかばう事で(反対側を酷使)使い過ぎによる痛みが起こることがあります。

痛む感じとしては、なんとなく痛い 動かさなくても痛い 激痛で眠れない 様々です。

激痛を伴う肩の痛みの場合、無理に動かす事で悪化させることもあります。

※ 安静にしていると楽になってくることがほとんどですが、長期間 動かさない場合、骨(関節)の石灰化で、痛くなくても動かせない事にもなるので注意が必要です。

病院では…

四十・五十肩の原因は、周辺の炎症により起こるものとされていますが、なぜ 炎症が起きるのか?については、医学的にも解明されていないのが現実です。

このツライ症状は…
医療機関での検査では、X線(レントゲン)検査、血液検査をしても異常が特に見つかりません。

『痛み止めの処方や、リハビリなどで 様子をみましょう』

『時間はかかるが そのうちに治る』

と言われることも多いようです。

また、似たような症状で『上腕二頭筋長頭腱炎』と呼ばれる症状もあります。
※ この場合、治療法・リハビリ法などが変わってきます。

なかなか治らない場合、まずは セカンドオピニオンも含め医療機関にて検査をすることをお勧めします。

検査をしても異常がない場合は一度ご相談ください。

えがお快福倶楽部では…

手術をすすめられるほど重症でない場合を除き、改善は可能と考えています。

骨盤・脊柱・肋骨・肩甲骨・肩関節・肘・手首・指と各関節をチェックして調整していきます。
※ 肩甲胸郭周辺の緊張・膜の緊張を取り除き、改善を図ります。

炎症が強い場合などは時間のかかる場合もございますが、どこに行っても良くならないとお悩みの方は一度ご相談ください。

※ 特に女性は、女性ホルモンの影響などで、腱や靭帯、筋肉が弱くなりやすいので注意が必要です。

予後がとても大事になりますので、ご自宅での注意点も含めアドバイスさせていただきます。

まとめ

いかがでしたか?

毎日忙しく頑張っていると…

少々の痛みは仕方ない!? 

気合でのりきろう!? 

そのように頑張っている方も多いですね。

なかなか治らない 動作もツライ? このままだと不安だ! 

そのような時は、ひとりで悩まず しっかりと お体の状態を診て 全身のバランスを整えてもらえる 当院を頼ってみてください。

人生最後の日まで…

不自由なく 痛みもなくて 元気に動いていたい!

あなたの願いに 少しでもお役にたてたら と 思います。

電話をかける

ご予約をご希望の方は、『ホームページを見ました。予約をしたいのですが…』

とおっしゃってください。

受けたいコースと希望日をお話ください。

日時を調整しご予約を取らせて頂きます。

その際、あなたのフルネームと連絡の取れるお電話番号もお伺いしますのでお教えください。

★お電話番号をお聞きするのは、緊急時等ご予約の変更をお願いすることがあるためです。ご了承ください。

▲ページトップに戻る